税務調査履歴

メニュー名はお客さまで変更が可能なため初期段階での名称を記載しております。

税務調査立会いの履歴を管理するメニューです。

税務調査履歴 ガイドライン

税務調査履歴一覧

登録中の税務調査履歴の一覧が表示されます。各行をクリックすると、詳細情報に移動します。

  • 表示項目名の▲をクリックするとその項目の昇順で、▼をクリックすると降順で表示されます。
    ※税目、担当調査官の項目は対応していません。

表示の絞り込み(条件で絞り込む)

「条件で絞り込む」をクリックして絞り込み条件を設定すると、表示中の税務調査履歴を絞り込むことができます。

絞り込み手順

  1. すべての条件に一致(AND検索)、いずれかの条件に一致(OR検索)の検索条件を選択してください。
  2. 絞り込みたい項目をプルダウンから検索条件を選択してください。
  3. 選択した項目から絞り込みの内容を入力または選択し、「条件に追加」をクリックしてください。検索条件はいくつでも設定することができます。
  4. 検索結果が表示されます。条件を変更して再検索を行う場合は「変更」を、条件を解除する場合は「解除」をクリックしてください。

 

 

税務調査履歴の詳細情報

登録いただいた税務調査履歴の詳細情報がご覧いただけます。

  1. 内容
    登録した税務調査履歴の基本情報をご確認いただけます。
  2. 調査履歴
    調査の日時、調査内容や対応内容の履歴が表示されます。
  3. コメント
    ユーザ間で、税務調査調査履歴に対するコメントを残す事ができます。
  4. 関連文書
    この枠をクリックまたは、ファイルをドラッグ&ドロップで挿入する事で、関連する画像や文書をご登録いただけます。 FlexCRM上にファイルがアップロードされ、ユーザ同士でファイル共有が簡単に行えます。
  5. この顧問先の他の税務調査履歴
    表示中の顧問先に対する税務調査履歴が、直近5件表示されます。
  6. 同じユーザの他の税務調査履歴
    同じユーザの税務調査履歴が、直近5件表示されます。

税務調査履歴の新規作成・編集

新たに税務調査履歴を登録する場合は一覧画面、または詳細画面から「新規作成」をクリックしてください。
編集を行う場合は、詳細画面から「編集する」をクリックしてください。
税務調査履歴の入力フォームに移動しますので、必要事項を入力した後「保存する」をクリックしてください。

基本情報の新規作成・編集

  • 顧問先
    サジェスト機能を利用して顧問先を選択します。新しく顧問先を登録する場合は、顧問先名入力後にEnterキーを押すか、フォームからカーソルを外す事により登録する事ができます。
  • 開始日/終了日
    税務調査の開始日及び終了日を登録します。入力欄をクリックするとカレンダーが表示されますので、選択してください。また「本日の日付」をクリックすると、ワンクリックで本日の日付が入力されます。

 

 

調査立会い履歴の作成

  1. 履歴の新規作成
    税務調査立会いの記録を登録する場合は、詳細画面の「履歴の新規作成」をクリックしてください。
    履歴は何件でも登録することができます。
  2. 履歴の編集
    表示されている履歴の行をクリックすると、調査立会いの履歴を編集することができます。
  3. 履歴の複製
    「複製」をクリックすると選択した調査履歴の複製を作成することができ、簡単に調査立会い履歴を作成することができます。必要に応じて調査日などを修正して登録してください。
  4. 履歴の削除
    調査履歴の編集画面にある「この履歴を削除する」にチェックすると、履歴を削除することができます。

データの削除

詳細画面のタイトルの横にある をクリックすると、データを削除する事ができます。

データ項目の追加・編集

管理者のみ

必要に応じて、データ項目の登録や名称変更、表示順の変更などが行えます。

  1. データ項目の追加・編集を行いたい場合
    ページ右上にある をクリックすると、現在登録されているデータ項目の一覧が表示されます。それぞれの項目をクリックすると、各データ項目の設定画面に移動します。
  2. 新たにデータ項目を追加する場合
    「項目を追加する」をクリックしてください。設定画面に移動しますので、ご希望のデータ形式を設定してください。入力形式や、プルダウン、ラジオボタンなどすべて画面上から設定することができます。
  3. 既に登録済みの項目を編集する場合
    データ項目リストから、編集を行いたい項目をクリックしてください。各データ項目の設定画面から、項目名や表示順などを編集することができます。
    ※ 入力タイプ(テキスト/選択肢/日付)の変更および、入力タイプが選択肢の場合の選択方法(ラジオボタン/プルダウン/チェックボックス)の編集はできません。 また、選択肢を削除すると、その選択肢の入力データは失われますのでご注意ください。
  4. 項目の無効化
    各データ項目の設定画面にある「この項目を無効にする」にチェックを入れると、画面に表示されません。
  5. 表示順の変更
    データ項目の設定ページにある「表示順」の項目から表示順序を編集することができます。
  6. 高度な設定(説明の追加)
    税務調査履歴入力ページの項目名にマウスカーソルをあてる事で表示される説明文を編集することができます。
  7. 項目の削除
    追加データ項目の編集画面の「この項目を削除する」にチェックを入れると、項目を削除することができます。

データのエクスポート

管理者のみ

一覧表示画面の右上にある「エクスポート」をクリックすると、表示されている税務調査履歴一覧のデータがCSV形式でローカルに保存されます。