業務管理

メニュー名はお客さまで変更が可能なため初期段階での名称を記載しております。

通常業務、スポット業務などの業務におけるプロセスの進捗をクライアントごとに管理するための機能です。

業務管理 ガイドライン

一覧表示形式の切替

 を選択する事により、一覧の表示形式を切り替える事ができます。パネル表示形式、リスト表示形式があるので、用途によって使い分けが可能です。

業務管理一覧(リスト表示形式)

登録されている業務管理の一覧が表示されます。一覧の各項目欄をクリックすると昇順(▲)または降順(▼)でソートできます。一覧は 開始前/進行中/終了 のステータス別に絞り込み表示することができるほか、区分、プロセス(プロセスが設定されているスポット業務を区分に選択した場合のみ)、担当者、期間の詳細条件を指定して絞り込むこともでき、「条件をクリアする」をクリックすると、設定された絞り込み条件をクリアします。
また、各業務管理の行をクリックすると、詳細情報に移動します。リスト表示形式では、以下の絞り込み項目が用意されています。

業務管理一覧(パネル表示形式)

登録されている業務管理の一覧が表示され、各業務管理の欄をクリックすると詳細情報ページに移動します。
区分、担当者、期間の詳細条件を指定して絞り込むことができ、「条件をクリアする」をクリックすると、詳細条件をクリアします。また、表示順を選択して開始日順・完了予定日順などに並び替えることもできます。
区分の絞り込みで「全て」を選んでいる場合、開始前/進行中/終了 のステータス毎にデータが集約して表示されます。区分を選択すると、区分の進捗プロセス毎にデータが集約されて表示されます。

業務管理の詳細情報

登録いただいた業務管理の詳細情報がご覧いただけます。

  1. 業務内容 
    登録した情報をご確認いただけます。
  2. 関連文書
    こちらの枠をクリックまたは、ファイルをドラッグ&ドロップで挿入する事で、関連する画像や文書をご登録いただけます。FlexCRM上にファイルがアップロードされ、ユーザ同士でファイル共有が簡単に行えます。
  3. プロセスの進捗状況 
    業務管理に進捗状況(プロセス)が設定してある場合、サービス内容の上部にプロセスの進捗状況が表示されます。 各プロセスをクリックするとプロセスの管理画面がポップアップ表示され、実施日・担当者などを登録することができます。
    また、プロセスの進捗は以下のような色分けがされています。
    ●グレー : 未実施
    ●青   : 実施待ち
    ●オレンジ : 実施済
    ●赤   : 期限切れ
  4. 業務の提供状況 
    業務の進捗状況や業務に関連する活動時間を表示します。
  5. 複製
    表示中のデータを複製することができます。必要に応じて入力項目を編集後、「保存する」をクリックしてください。


プロセスの管理

プロセスが設定されている業務の場合、詳細画面にプロセスバーが表示されます。プロセスバーの各プロセスをクリックすると、プロセスの管理画面が表示されますので、必要に応じて編集してください。また、プロセスが完了しましたら実施日を入力してください。

  • 実施期限
    プロセスの実施期限を設定してください。業務区分に実施期限の初期値が設定されている場合は、その日にちが表示されます。必要に応じて編集してください。
  • 実施日
    プロセスが完了しましたら、実施日を入力してください。
  • アラート通知
    アラート通知する担当者を設定してください。当該案件に担当者が設定されている場合は、その担当者が表示されますので、必要に応じて変更してください。

業務管理の新規作成・編集

新たに業務管理を登録する場合は一覧画面、または詳細画面から「新規作成」をクリックしてください。 編集を行う場合は、詳細画面から「編集する」をクリックしてください。
業務管理データの入力フォームに移動しますので、必要事項を入力した後「保存する」をクリックしてください。

  1. 顧問先 
    個人顧問/法人顧問として登録されている場合はサジェスト機能を利用して選択することができます。新しく顧問先を登録する場合は、顧問先名入力後に Enter を押すか、フォームからカーソルを外す事により登録する事ができます。
  2. 業務種別、業務区分 
    あらかじめ設定した業務種別および業務区分を選択してください。業務種別・業務区分の設定方法につきましては、基本設定 – 事業の設定 – 業務区分の設定 から設定してください。
    ※登録した業務種別および区分は、編集することができません。
  3. 売上計上年月
    当該業務を売上として計上する年月を指定してください。分析メニューの集計期間として使用されます。
  4. 報酬
    当該業務の報酬金額を入力してください。分析メニューの売上や採算性の値として使用されます。
  5. 担当者 
    プルダウンから担当者を選択してください。担当者は複数選択することができます。
    選択した担当者を解除する場合は をクリックしてください。

データの削除

詳細画面の件名の横にある をクリックすると、データを削除する事ができます。

業務区分の設定

管理者のみ

画面右上にある  をクリックし、業務区分を設定してください。設定に関する詳しい説明は、[基本設定 – 事業の設定]をご覧ください。

データ項目の追加・編集

管理者のみ

業務管理区分ごとに、データ項目の登録や項目の名称変更、表示順の変更などが行えます。画面右上にある をクリックし、左側の設定項目から「データ項目の設定」をクリックすると、データ項目の設定の一覧リスト画面が表示されます。編集方法については下記をご確認ください。

  1. 新しい業務管理の入力項目を追加する場合
    入力項目は、業務管理区分ごとに設定することができます。業務管理区分をプルダウンから選択し、「項目を追加する」をクリックしてください。設定画面に移動しますので、ご希望のデータ形式を設定してください。テキスト型や選択肢型、日付型などを設定することができます。
  2. 既に登録済みの入力項目を編集する場合 
    業務管理区分をプルダウンから選択し、項目の一覧リストから編集を行いたい項目をクリックしてください。各項目の設定画面から、項目名や表示順などを編集することができます。
    ※ 入力タイプ(テキスト/選択肢/日付)の変更および、入力タイプが選択肢の場合の選択方法(ラジオボタン/プルダウン/チェックボックス)の編集はできません。 また、選択肢を削除すると、その選択肢の入力データは失われますのでご注意ください。
  3. 項目の無効化
    各項目の編集画面、登録画面にある「この項目を無効にする」にチェックを入れると、画面に表示されません。
  4. 表示順の変更 
    項目の一覧リストから、項目を上下にドラッグ&ドロップする事で、表示順の変更が可能です。
  5. 項目の削除 
    追加データ項目の編集画面の「この項目を削除する」にチェックを入れると、項目を削除することができます。
  6. 高度な設定(説明の追加) 
    項目名にマウスカーソルをあてる事で表示される説明文を編集することができます。

データのエクスポート

管理者のみ

一覧表示画面の右上にある「エクスポート」をクリックすると、絞り込まれている状態のデータがCSV形式でローカルに保存されます。